【引越し 荷物移動に】軽トラックと2トン車のレンタル費用と相場を比較してみた

引越ししたいけど引越し費用をかけたくないなんて思わないですか??

 

そんな時は自分で引越し作業を考えてみるのも良いのかなと思います。

自分で引越しする1番のネックは人手車両です。

 

逆にその問題さえカバーできれば乗り切れるのが引越し作業になります。

 

自分で引越しする場合に必要な物

 

  1. 人手
  2. 車両
  3. ダンボール
  4. 養生テープ
  5. カッター
  6. PPバンド(あれば便利)

 

などです。基本的には体力勝負になってきます。

 

 

冷蔵庫や洗濯機もそれほど大きい物でなければ女性でも軽々持てると思いますので、まずはどのような家具があるかチェックしてみましょう。

 

一般的な家具で多い物

 

  1. 冷蔵庫
  2. 洗濯機
  3. 食器棚
  4. タンス類
  5. テレビ棚
  6. 家電製品
  7. 衣類
  8. 食器類
  9. 小物類

 

などかなと思います。

実際に荷運びしていて1番大変なのが冷蔵庫や洗濯機なので、ご自身で持てるか持てないかで業者に頼むか頼まないかを検討した方が良いのかなと思います。

 

冷蔵庫の容量別 重さ比較まとめ
200L以下 30kg前後
200L~300L 40~50kg
300L~400L 50~70kg
400L~500L 70~100kg
500L以上 100kg前後

 

上の表は冷蔵庫の重さをサイズ別で目安化したものです。冷蔵庫のどこかしらに数字や容量(L)が記載してあるので確認してみてください。

基本的に2人で荷運びするのであれば、男性1名女性1名の組み合わせでも300L(50kg前後)までは持てるような気がしますが気合はいるのかなと思います。

男性2人で荷運びする場合であれば、400L(70kg前後)までが限界なのかなと思います。

それ以上の重さになってくると、無我夢中に作業していて転倒したり、建物に傷をつけるリスクも増えてくると思うので無理は禁物です。

 

次に洗濯機の重さについて目安を紹介したいと思います。

縦型(上開き)のタイプとドラム式では重さが結構違うので、持てるかどうか確認した上で引越しを〝自分でするか〟〝業者に任せるか〟を検討してみてください。

※ご自身でする場合は、洗濯機のホースを外して運ぶ前に脱水ボタンを押して、洗濯機内の水を抜いてあげると運ぶ際に水が漏れ出してこないので、運ぶ前の脱水は1度しておきましょう。

洗濯機サイズ別 重さ目安
縦型容量5kg前後 30kg前後
縦型容量5~8kg 40kg前後
ドラム式7kg(シャープ) 76kg
縦型容量10kg前後 40~50kg
ドラム式10~11kg 80kg前後

上の表を見るとドラム式は相当重い事が分かります。女性では荷運びは難しいのかなと感じました。

しかし、縦型であれば大人2人で荷運びするのであれば〝1人あたりが持ち上げる重量が25kg前後〟なので、頑張れば運べるのかなと思います。

 

以上、紹介した冷蔵庫と洗濯機の重さをクリアできれば、自分で引越しする事も可能になってくるのかなと思います。

食器棚やタンスの1つ1つは思いですが、引き出しを取り外して個別で運んであげると軽くなってしまいます。

ベッドのマットレスなどは、何箇所かダンボールで巻いてあげ、PPバンドで固定してあげれば汚れもつかずに済みます。

おすすめなのでやってみてください。

 

小物を入れるダンボールの入手方法について、スーパーなどで無料でくれる場所もあります。

無料で入手する場所がないのであればホームセンターなどで購入しましょう!!!

 

また、PPバンドは養生作業をおこなう上でとっても便利なアイテムになります。

下の写真で使用している黄色い紐がPPバンドで、PPバンド紐を締め付けて固定させるストッパーも必要になりますが、

PPバンドは50mの長さで500円前後、ストッパーは300円前後で購入できます。

 

次に車両の準備ができるかどうかです。

同じ市内の引越しであれば軽トラックで充分な気もしますが、遠方への引越しだと軽トラックでは無理があるのでレンタカーを借りた方が良いでしょう。

 

実際に軽トラックと2トン車のレンタル料金の相場を比較してみました。

 

レンタカー会社比較 特徴
ニコニコレンタカー 他店舗への乗り捨て不可
トヨタレンタカー 他店舗への返却が可能
ニッポンレンタカー 他店舗への返却が可能
オリックスレンタカー 他店舗への返却が可能

 

上記以外にもレンタカー会社は沢山ありますが、近場ではない引越しの場合は〝他店舗に乗り捨てできるレンタカー会社〟が絶対条件なのかなと思います。

では上記のレンタカー会社で〝軽トラック〟と〝2トントラック〟のレンタル費用を比較してみましょう・・・。

朝9:00~夜21:00までの12時間で作業できるとして12時間のレンタル料金を調べてみました。

各社 軽トラック 貸し出し費用まとめ
ニコニコレンタカー 12時間まで 5200円
トヨタレンタカー 12時間まで 6480円
ニッポンレンタカー 12時間まで 7128円
オリックスレンタカー 12時間まで 6480円
各社 2トン箱車 貸し出し費用まとめ
ニコニコレンタカー 12時間まで 2t車なし?
トヨタレンタカー 12時間まで 14040円
ニッポンレンタカー 12時間まで 14796円
オリックスレンタカー 12時間まで 15660円

 

上記の表が引越し業者が良く使用しているような2トントラック箱車の料金になります。

車両には1部中型免許の資格が必要なので注意が必要です。

各社とも箱の大きさが3種類あり真ん中のサイズの料金を記載してみました。

 

オリックスレンタカーのサイズ別の料金を見てみると・・・

 

1t~1.5t

高さ1750長さ2700幅1760

12420円

2t タイプ1

高さ1885長さ3150幅1790

15660円

2t タイプ2

高さ2035長さ4480幅1790

18360円

 

箱のサイズが小さめのトラックで12420円と割安で借りられるトラックもありました。

箱の中で品物を固定するためのバンドも用意されていると思いますが、要確認ですね!!!

 

以上の結果から自分で引越しする際にかかる費用が分かってくるのかなと思います。

あとは、ガソリン代金材料代に金額がかかりますが、手伝ってくれた人にアルバイト料金を渡さなくて良い場合は、全部合わせて3万円前後で引越しができるのかなと思います。

 

ご自身で引越し作業をする場合は安全作業で頑張ってくださいね!!!

 

ありがとうございました・・・

arai san

はじめまして!!!新井です。 こちらのブログを拝見してくださりありがとうございます。 質問などあればお気軽にコメントください

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です