30坪~60坪容量が1000円~2000円そのまま使える除草剤 効果と検証

皆さんこんにちわ!!!

今回はそのまま使える除草剤を紹介していきたいと思います。

ホームセンターなどで販売されていて、手軽に使用できるのがメリットになります。

特徴は「雑草の葉から除草剤液を染み込ませて根まで枯らせる」です。

私自身が使用してるタイプも除草剤の原液を水で薄めて使用するタイプなので、特徴は同じなのかなと思います。

まず、お庭の景観を維持していくためには、どれくらいの頻度で除草剤を散布をすればいいのか??などと疑問に感じる方もいると思いますが、

定期的な年間管理をしている私からアドバイスすると、散布感覚は1ヶ月~1ヶ月半くらいなのかなと思います。

そして、除草剤散布を定期的にすることで草刈りや草むしりをしなくても景観を維持できるので、正直な話を言うと雑草対策が楽になります。

上記で紹介している写真は、カインズホームで販売されている独自ブランドみたいです。

基本的には似たような商品が沢山ありますが、効果に大差はないのかなと感じます。

やはり一度の効果より、定期的な散布が1番おすすめです。

散布シーンはこんな感じです 笑

噴霧器を使用して除草剤を散布するのと、そのまま使えるタイプの除草剤を比較すると

1番の違いは散布力です。

この違いはかなり大きいのかなと思いました。

噴霧器は空気を圧縮して、細かく霧状に散布してくれるので、印象的にはムラがなく雑草に散布してくれると思います。

そのまま使える除草剤は、手軽に使用できる分チョロチョロと出てくるので散布力は弱いです。

気をつけて散布しないとムラができてしまいそうでした。

しかし、散布した場所は大半の雑草であれば枯れると思うので便利な商品だと思います。

お値段的には定期的に散布するとなると、そのまま使える除草剤は若干高めになります。

定期的に除草剤を散布したいのであれば、ご家庭のジョウロでも構わないので除草剤の原液を買って、水で薄めるほうがリーズナブルな価格で景観を維持できるのかなと感じました。

ありがとうございました(^^)v

arai san

はじめまして!!!新井です。 こちらのブログを拝見してくださりありがとうございます。 質問などあればお気軽にコメントください

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です